FX初心者のためのサイト

FXとは?

もともとFXは1990年代半ばにアメリカで確立した取引手法です。
1998年には日本でもFX取引が導入されました。

 

FXとはドルやユーロなどの外国通貨つまり為替を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。 それに加えFXにはレバレッジというものがあり、少ない元手でもその何倍もの金額でお取引ができます。

 

市場は非常に巨大で年間取引高は約5000兆円。
口座数は616万口座もあり、それだけ多くの人がFXを利用しています。
通貨間の差額を利用して利益を獲得するのがFXです。

 

 

ロングとショート

ロングポジジョン:◯円で買い、上がったところで売って利益を得る方法
ショートポジション:◯円で売って下がったところで買い戻して利益を得る方法

 

これが基本的な取引方法になります。

 

 

レバレッジ

元手資金が少なくてもレバレッジをかけることで大きなお金を動かせます。

 

本来10万円の資金であれば10万円分の取引しかできませんが、
レバレッジを使うことでその何倍もの金額を取引できます。

 

 

FXで稼ぐために

『FXとは?』でもお話しした通り、
FXには「ロングポジション」と「ショートポジション」の2つの取引方法があります。
上昇して利益が出るのが買い、下落して利益が出るのが売りと覚えましょう。

 

例えばドル円を売ろうとした時、あなた自身はドルを持っていないですよね?
そもそもに持っていないドルをどうやって売るんだろうと疑問に思ったことはあるのではないでしょうか。
あまりそういうことは意識しない方が吉です。
まずは、下がると思ったら売って、上昇すると思ったら買う、ここを押さえましょう。

 

 

適切なトレード金額の算出方法

下記の目安に従って予めトレード金額のルールを決めておき
それに則ってトレードを進めていきます。

 

適切なトレード枚数 = 1回の許容損失額 ÷ 損切幅(pips)

算出方法

1:1回のトレードで許容できる損失額の決定

 

目安…総資金額の1%~2%

 

2:損切り幅の決定

 

まずはチャートを見て「どこでエントリーして、どこで利益確定、どこで損切り」
という値を決めます。このエントリーする値から、損切りする値までが損切幅(pips)です。
この「1」と「2」の合計金額が適切なトレード枚数(トレード金額)となります。

 

(例)
資金:50万円
取引通貨ペア:ERU/JPY(ユーロ円)
※1EUR=120円とする場合

 

【トレード戦略】
・資金:50万円
・1回許容損失額:5,000円(資金の1%)
・損切り幅:-50pips

 

■1ユーロ=120.000円の時に《買い》でエントリーする場合
損切りレート…50pips下がった119,500
⇒損切り幅:0.500円

 

5,000円(許容損失額) ÷ 0.500円(損切り幅) = 10,000(ポジション枚数)
⇒1回の適切なトレード枚数…10,000EUR

 

上記の計算式、例に自身の資産を当てはめて計算し、
適切なポジションサイジングを行って下さい。

 

 

トレンドが出やすい時間帯を狙ったデイトレード

FXは、24時間取引できますが、常に相場が大きく動いているわけではありません。
ポジションの保有期間が数分~数時間のデイトレードをする場合には、相場が動いている時の方が値幅が取りやすくなります。

 

リーマンショックの時のように乱高下している時は、常に上下に大きく動く可能性がありますが、平常時は日本市場、欧州市場、アメリカ市場がオープンする時間帯に値動きが激しくなります。
特に欧州時間~NY時間にかけては、動くことが多いので、トレーダーの多くがこの時間帯に取引しています。

 

NY時間は、アメリカの重要な経済指標が発表される時間です。夏時間であれば21時半、冬時間であれば22時半が発表時刻です。

 

16時~翌2時の時間帯を狙う

欧州市場が16時から始まり、スタートから2時間までの18時ぐらいまでは、トレンドが発生しやすい時間帯です。
NY市場が21時に始まり、スタートから3時間ぐらいはトレンドが発生しやすい時間帯です。指標発表がある場合は、翌2時ぐらいまでは相場が動きやすくなります。

 

そういったことを考慮して、デイトレードする場合は、16時~翌2時ぐらいまでの時間帯を狙うのが基本です。
赤枠内が、16時~2時までの相場の動きです。この時はクリスマス休暇前で、正直あまりこの時間帯に活発に動いているように見えませんが、シドニー時間や日本時間と比べると、欧州時間やNY時間の方が動きやすいことは間違いありません。

 

このトレンドが出やすい、この時間帯を狙ってトレードをしましょう。

 

 

通貨ペア選定方法

1.テクニカルが機能している通貨ペア

トレードする通貨ペアを選ぶための大切な視点の一つ目は、水平ラインがきれいに引けるのかどうか
自分が使っているインディケーターに反応しているかどうか
これらをしっかりと見ていくということです。

 

過去の値動きが重要なテクニカルに反応しているのであれば、今後もそうである可能性は高いからです。

2.チャートの動きがきれいな通貨ペア

トレードする通貨ペアを選ぶ大切な視点の二つ目がチャートがきれいな通貨ペアです。

 

具体的には、相場の秩序を把握しやすいこと
ローソク足が適度に締まっていること
このような通貨ペアをいいます。

 

 

トレーリングストップとは?

FX(外国為替証拠金取引)において損失は抑えながら利益を確保しようとする投資方法のことで、 相場の動きによって、ストップロスオーダーで設定している価格を自動で動かしてくれる注文方法です。

 

例えば、価格が上昇すれば、それに合わせてロスカットラインを引き上げ、逆に価格が下落すればロスカットラインを引き下げていきます。

 

また、トレーリングストップはFX、株式投資など取引する商品に関わらず、同じ方法で使えるため、投資をする方は知っておくと大変便利な注文方法です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ